<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

おめでとう。

大分過ぎちゃったけど、10月1日、コウタが5さいになりました。

おおきくなったね、こうた。
たくさんのプレゼント、たくさんの方の想いに囲まれて、コウタはとても幸せそうでした。
みなさん、ほんとにありがとうございました。
当日はつっちゃんの幼稚園面接でかなりバタバタな一日となり、夜はお寿司とケーキをみんなで食べました。私の友達も来てくれて、賑やかに過ごせて良かったです。

この季節はどうしても苦しい気持ちやなんともやるせない思いに押し潰されそうになります。その思いは年々増してる気もして。

でも、すごくあたたかい気持ちにもなったり。
誕生日があたたかい想いであふれた一日になるのはやっぱりうれしい。
ほんとにたくさんの人に感謝です。

優しいコウタ。お母さんのところに来てくれてありがとう。

あーでもー、さみしいーけどー。
しばらく不安定な気持ちが続きそうです。

はるくんもおめでとう!
5さいのはるくんにも会いたいわ。コウタと仲良くしてくれてありがとう。

かわいいオハナ

目に留まったかわいいアスター。
ご先祖様に分けてもらって、コウタへお供え。
ハートのかたち、わかるかな?
かわいい〜。
120811_191335.jpg

コウタ3歳たんじょうび☆

 1日、コウタ3歳になりました^^

今年は結構、3年前の今頃は・・・と思い出しながら過ごしていたような気がします。
午前中は、隣の駅のお花屋さんまでお買い物。
母から預かってたお花代で白&緑のアレンジを買って、ショッピングモールの外の広場でつっちゃんとお散歩&ランチ。。
そしたら、、3歳くらいの男の子3人組がすごい勢いで走り回って、噴水で水浸しになって遊んでいて。
そのはちゃめちゃっぷりに、思わず保護者はどこ?って探しましたよ
いつもならちょっと避けてしまうそんな場面も、あ〜3歳ってこんなかもなあ・・、って思ってしばらく見てました
コウタが見せてくれたんだろうなって思いました。
そして、つっちゃんに、側にいてくれてありがとうって思いました。
きっとひとりだと、ちょっぴり悲しくなってたかもしれないです

午後からは夜の準備。
メニューは和風な感じで・・・・
栗ごはん・にんじんとたまねぎ・ピーマンのかき揚げ・豚汁
めにゅー

ケーキはさつまいもクリームの3モンブラン
けーき

お友達も来てくれて、みんなでわいわい楽しそうな感じがしました。
つっちゃんも一緒に食べたよー。かき揚げはひとくち。

私の友達、コウタのお友達のお母さん・お父さんからのプレゼントもいただいて、本当にありがたいなあって思いました。
コウタを思って選んでくれたものたち・・本当に嬉しくて・・毎年泣きながら(笑)だんなさんと一緒にコウタに渡してます。本当にありがとう。
ぷれぜんと

そして、コウタのことを思ってすごしてくれた方々、本当にありがとうございます。
友達の手紙に、この世界でも、こうやって生きてくれてる、十分だねって書いてあって。
本当に本当にそうだなって思いました。
みんなが少しでもお空の子どもたちのこと、一瞬でも思ったり考えてるだけで、もう十分なんだって思います。しっかり生きてる。自分もお空にいったなら、そうやって思ってもらえたら嬉しいだろうな・・。


そして、もうひとつ私にとってちょっとしたサプライズな出来事が・・・。
コウタ誕生日に合わせて、コウタ出産時の話、あの時に会った唯一の友達がブログに書いてくれてました。
がんばって書いてくれて。書いておきたいと思って書いてくれたその文章は、あのときの私たち家族のこと、客観的に書いてあって、すごいなあって思いました。本当にすごい。
読みながら苦しくなったり悲しくなったり。でも今、このタイミングで、読めてよかったし、友達がコウタを思って書いてくれたことにすごく感謝しました。
その文章の最後に・・

家族も周りの人間も全てが深い傷を心に刻み、
それは一生消えることはないけれど、その傷は、コウタという小さな男の子の魂が存在した証なのだから消えなくてもいい。と思ったりしています。
みんな、コウタと共に生きていくのだから。


と書いてあって。今の私には大きなことばだなあって思いました。
3年前は悲しみ苦しみが大きすぎて、この苦しみはいつまで続くのか怖くてたまらなかったけど、ゆっくり、ゆっくり、その苦しみさえもコウタが生きた証だと思えるようになってきました。
ほんと、みんなに支えてもらって、いっぱい力をもらってるおかげだと思います。
フランソワちゃん、ほんとに書いてくれてありがとう。


みなさん、いつもありがとうございます。
ぼくはおそらでげんきにさっかーとかやきゅうとかしてあそんでます。
みなさんのおきもち、とてもうれしいです。
これからもおともだちといっぱいあそんでげんきにすごします。
3さいになったこうたより

親ばか

 来週、実家に一週間、私とチビさん、コウタで帰ろうと思っているのですが、
コウタに、「来週一緒に帰ろうね〜」と話しかけたら、
「おとうさんがさみしいからいっしょにいるよ」
って言ってる気がした・・・・。

やさしいね、コウタ。お母さんの心の中で、どんどんいい子に育っていってるね。
・・ていうか、コウタはもともといい子だよね

はい、親ばかでした

コウタ、大好き!

苦しい思い

 この前から、書いては消し・・としている記事があるんですが、さっき読み返すとかなーり感情にまかせて書いていて、公開できない・・・・・。

内容は、コウタを出産した病院に対するもの。
私の中で、ずーっとくすぶっていて、時々大きくこころをゆらすもの。
正直、病院に対してはものすごく苦しい思いがあります。
でも、私はこの病院にかかわりをもたない選択をしました。
でも、、、実家に帰ったときに何かあったら、この病院にかかることになる。
もちろんチビさんも。
そうしたときに、やっぱり私は逃げてたらいけないんじゃあないかと思うようになりました。
・・・逃げてる気持ちはないけれど、かかわりを持つ気には到底なれないんです。
病院への思いを自分の中で納得できるものに少しでも近づけたい。
でもなかなか難しいです。

すぐには解決しないかもだけど、、自分の中で少し動いた気がしました。病院のことを久々にいっぱい思えたのはよかったのかもしれません。・・苦しいけど・・。

読売新聞に、「赤ちゃんをなくして」というコーナーが全7回で始まってます。
読みながら、胸が久々に苦しくなりました。

コウタ2歳4か月☆

遅くなってしまいましたが、1日はコウタ2歳4か月誕生日でした。

メニューに悩み…結局シチューとピザ。ピザは簡単なレシピを見つけてチャレンジしたけど、ちょい失敗(*_*)
シチューは野菜たっぷりでなかなか良かったです。コウタ、喜んでくれたかな?

前日、当日といろんな夢を見ました。コウタらしき子がいたり、コウタのお友達が出てきてくれたり。
すごーーく嬉しかったです。たまには側にいるよって伝えにきてるのかな?
母はなかなか具体的な事が起こらないとわからないからねぇ(^_^;)

コウタ、お空ではどんなことして暮らしてるのかな?ゆったり?それともいそがしい?
お友達と仲良くしたりけんかしたりしてるのかな?かみさまの話を聞いたり、お手伝いしてるのかな?母ちゃんがお空にいったら、いーっぱいお話しようね。
だいすきだよ、コウタ。

コウタ2歳2ヶ月☆

 1日はコウタ2歳2ヶ月の月誕生日でした。

チビちゃんが生まれてからというもの、コウタへのごはんはなかなかゆっくり作れてなくて・・
チビちゃんがだんなさんとお風呂に入ってる間にぱぱぱーーっと作ることに、なんか違和感を感じてて。
やっぱり、コウタを想い、こころを込めて作ることが大事じゃないかって思って、今回から無理をしないで・・・
一品だけコウタの好きそうなものを入れる。それも無理ならなしでもOK。
デザートは買っても全然OK。
・・・としました。決めておくと、心が軽くなって、今まで準備にかかっていた時間はコウタといっぱいお話できた気がします。よかった〜
友達が、「別に特別なことしなくても、なんかひとつあったらいい感じだよ^^」って言ってくれたのも大きいかも。。ありがとう

そして今回のコウタメニューは、ケチャップたっぷりスパ^^
お空のお友達も好きなメニューだね。いっぱい食べてくれたかな〜?
デザートは母ちゃんの好きなケーキ屋さんのチョコケーキ。
母ちゃんが好きなやつにしてあげる。って言ってくれたような気がします(笑)。
ありがとう〜〜コウタ。

コウタ、母ちゃんはコウタの2歳のお誕生日からなかなかさみしい日々が続いていたんだけど、ようやく落ち着きつつあるよ。チビちゃんと、父ちゃんとの生活もしっかり見ていかないと、しあわせをしっかり感じないともったいないもんね^^
あんまりにもコウタコウタコウタ〜〜ってなってた母ちゃんに、コウタが今のしあわせもちゃんと見つめて暮らしてねって教えてくれた気がするんだよ。そうだよね?コウタ。
いつも大事なことを教えてくれてありがとう。
コウタ、本当に大好きだよ。会いたいなあ



2歳1ヶ月☆誕生日

 なかなかパソコンに向かえない日々が続いております・・・・。

そんななか、コウタは2歳になって二回目の月誕生日を迎えました。
今回はミートボールシチュー、スープパスタ、後は油揚げピザ。デザートは頂き物の焼き菓子。
2歳1ヶ月

コウタはきっと、2歳になってますます元気に遊んでいることでしょう
お空の上にはインフルエンザとかなくていいな〜。

この前、実家の近所のコウタと同じ日に生まれた子、(この子は私が陣痛中に生まれてた、今は絶対に見れない・・・話も聞くと辛いんだけど・・・)が、バナナが好きでよく食べてる、よく怒って親が手を焼いてる・・・という話を聞きました。
あ〜、コウタも手を焼かす子になってたのかな、なにが好きなのかな。と考えて、深みにはまるのを必死でそらしてました。
母ちゃんはいつまでもこういうことには弱いです

さみしいかなしいさみしいかなしい・・・・と考えて、ちょっと復活したら、コウタをいっぱい想像してみる・・・の繰り返し。
想像のコウタは生まれてからあまり変わってなくて、いつもにこにこして手を振って、お友達といっぱい遊んでる感じです。
あ〜〜、かわいい。。。会いたくなっちゃう!

コウタ、母ちゃんちょっとがんばるよ。
なにをっていうか、今、生きることをがんばってみようかな。
父ちゃんがいて、じいちゃんばあちゃんがいて、そしてチビちゃんがいる生活を。
コウタがくれた、だいじなだいじな毎日を。
コウタはちゃんとみんなのこころにいてくれるから、安心していいんだよね。
そんなかたちで生きてくれてありがとうね。



コウタ2歳たんじょうび☆と2年記念日

 なかなかアップできなかったのですが・・10月1日、とうとう?コウタは2歳になりました。

前の記事に書いたのですが、やっぱりこの時期はどうしても悲しみがおおきくなりますね・・。
コウタがいない、コウタはなんで?の気持ちのほかにも、後悔、悔しさなんかも今年はより強く思ってしまいました。
大事な大事なたんじょうび。この日をそんな気持ちのまま迎えるのはいやだな・・・と思いつつも、ずっとなんだか苦しいような、複雑な思いですごしていました。
でも、誕生日当日、友達、天使ママさん、家族、いろんな人のあたたかい気持ち、「おめでとう」のことばにとても救われました。。。
そうだ、おめでとうの日だ。コウタが生まれてきてくれた、とっても大事な記念日なんだ。ってあらためて思うことができて。
コウタはこの世にいないけど、こうやっておめでとうの言葉や思いをもらってすごくすごく幸せなんだと実感しました。おめでとうの言葉をくれたみなさん、そして心で思ってくれてた方々、本当にありがとう。ものすごく思いが伝わってきました

では、当日、、、チビちゃんが寝てる間に準備を!と思い、
「あんなー、お母さんなー、お兄ちゃんのお誕生日のごはん作るから、チビちゃんゆっくり寝ててもいいよ〜。」と言いながらチビちゃんを寝かそうと抱っこでゆらゆら・・・・・しててもぜんぜん寝ない!!
その頃にしては珍しく興奮状態でずーっと起きてました・・・。
もういっか〜、とチビちゃんとゆっくり過ごし、コウタをゆっくり思いながら過ごして、夜、だんなさんにみてもらっている間に気合で作りました
ごはん

全体の写真がないんだけど・・・(^^;)メニューは桜えび青のりしらすおにぎり、きのこ鮭グラタン、にんじんサラダ、トマト豆スープです。

2ケーキ
これはホットケーキケーキ。
2歳ということでホットケーキを2のかたちに切って、生クリーム(一応低脂肪)を絞ってみました。
下の顔は家族です。チョコペンで書いてみました。

コウタへのプレゼントは・・
プレゼント

2歳になったからそろそろ・・・ということで、おはし。
キャッチボールをよくしてる感じなので・・・ジュニアボール。
母ちゃん作、がたがたの(笑)・・・カード。
後もうひとつ、手作りのものを。と思っていたんですが、間に合わず・・・・。
ごめん、コウタ。また必ず作って渡すよ。と約束しました。

プレゼント モビール
いっぱいのプレゼント、ほんとにほんとにありがとう。
コウタはまじで大喜びしてたと思う。
母の私も父のだんなさんも本当にうれしかったもん。

まだコウタコーナーはたんじょう仕様になってて、いつもあ〜幸せだなって、眺めてます☆
誕生日を過ぎたら、少し穏やかに思えるようになりました。
これはきっとコウタからの逆プレゼントだなって思います。

2年、あの日からもうそんなに経ったのかっていう気持ちが大きいなあ。
まだ昨日のことのように思います。でも確実にただ悲しみ苦しみのなかにいた、あの真っ暗闇のなかには今はいないようにも思います。
コウタが教えてくれたこと、そしてこれからもたくさんのことに気づかせてくれるだろうし、コウタが私たちのところに来てくれた意味を考え、悩みながら生きていく、そのなかでのとても大切な出会いもあの子がくれた宝物だと本当に思います。
なんで?の気持ちは一生抱えていくけど、悲しいときっと私が死ぬまでコウタを思って泣くだろうけど、それもあの子がいたからこそ、その証だと思うし、泣きながら、幸せも感じながらこの先生きていくんだろうなと思います。

あと、今年は去年と大きく違うと思ったことは、2日の命日の日の思いが変わった気がしました。
去年はコウタがいなくなったことへ向き合うことへの拒否感からか、外で過ごして、なるべく穏やかにすごせるようにしていたけど、今年は少し、「亡くなった日」に向き合ってみた気がします。
天使ママさんには生まれた日が命日の方もたくさんおられて、その辛さ、苦しさは本当に言葉ではあらわせないものだと思います。死に向き合うことはものすごく辛いし、やっぱり苦しいですね。
その日はうちの母父が来てくれて、一緒にすごしました。
母は数珠を持ってきてくれて、あー、やっぱり命日なんだ、とそこでも実感。コウタが亡くなった時間にはあー、今お空にいったんだ。と号泣してしまって、また実感。
そんな一日でした。
後もうひとつ、去年と違うこと。
チビちゃんがいること。
大きな幸せです。。。去年の1歳のときの家族写真にはいなかったのにね。(おなかにはいたかな。)


コウタ、2歳のお誕生日、そしてお空にいった記念日がきたね。おめでとう。
今頃、お友達とキャッチボール楽しんでるかな。
母ちゃんもがんばって練習するからぜったいぜったい一緒にしようね。
父ちゃんがボールのにぎり方、おしえてくれたね。
ちょっとむずかしいよね。がんばらないと!
そして、これからもいっぱいいっぱい母ちゃんは泣いちゃうけどゆるしてね。
コウタがくれる、だいじな宝物の気持ち、ちゃんと見逃さないようにするから、
泣いててもそれはちゃんと受け止められるようにするからね。
コウタ、大好きだしとても大切な子どもだよ。
これからも元気で楽しく暮らしててね。
本当に愛してるよ。コウタ

う
コウタはりねずみ人形でーす。ハッピーバースデイかんむりものせてます


1歳11ヶ月☆

 毎日あっっという間に過ぎていってる気がします。
更新もなかなかできず、チビちゃんの記録も残したいと思いつつ・・・・。

1日はコウタ月誕生日でした
1歳11ヶ月。1歳最後の誕生日。
来月には2歳になります。

そして秋の気配が、コウタ出産前後の切ない気持ちをどうしても思い出させます。
ものすごく悲しく、さみしい気持ちが、油断するとこみ上げてきます。
2年経つなんて、信じられないです。

1歳11ヶ月。メニューは、、かぼちゃコロッケ、アメリカンドッグ、たまごとトマトのサラダ、きのこスープ。デザートはスイートポテト。
コロッケ 一才1ヶ月

お友達も何人か連れてきてて、わいわいにぎやかにしていた気がしました。
スイートポテトは失敗・・・なんかもさもさしちゃって、、、、。またリベンジします
コウタは誕生日前とか、何かあるときにはメッセージをくれてる気がします。
私がキャッチできてないことは多いだろうけど・・・・時々、あ、コウタからのメッセージ??とか思うことがあります。空がきれいだったりとか、花がきれいに咲いたとか、、そんなことも「お母さん、見て見て!」とか言ってるのかな、、、気づけたときはうれしくなります。。。
きっとお空の子どもたちは、いろんなメッセージをお母さんやお父さん、大事な人に届けてるんでしょうね・・。

コウタ、1歳も終わりだね。2歳になるコウタはどんな姿をしてるのだろう?
でもね、母ちゃんの頭に浮かんでくるコウタはね、ちょっと大きくなってるんだよ。
チビちゃんのお兄ちゃんになったからかな?ちょっと男の子らしくなってる。
父ちゃんがね、コウタと野球したいんだって。母ちゃんもコウタとキャッチボールできるように、チビちゃんが大きくなったら練習するよ。
だからね、もうちょっとまっててね。
いつも妹のことや、母ちゃん父ちゃん、じいちゃんばあちゃんたちのこと守ってくれてありがとう。
寂しくなったら、母ちゃんのトコにすぐ帰ってくるんだよ。・・・なんて、母ちゃんが寂しいんだよね、ごめん・・
来月はいっぱいお祝いしようね。大好きだよ、コウタ。



こちらもどうぞ♪

メール

shinobi

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM